定員に達したため、応募は締め切りました

金継ぎ体験ワークショップ

「hirondelle」歸山浩子さんによる「金継ぎ体験ワークショップ」です。

金継ぎ湯のみ◎開催概要

日時 2013年7月4日(木)
午前10時30分~14時00分

場所 ニームツリーハウス(東京都世田谷区等々力8-26-3)

定員 8名様

参加費 4700円【金継ぎ材料費、
ランチ付き】

持ち物 金継ぎでお直ししたい器(数点お持ちいただいても結構です)、エプロン(または汚れてもよい服装)、器を入れて帰る袋
・割れた、ひび割れた(亀裂等も)、欠けた器
・欠損部分が数ミリ四方の大きさであれば、金継ぎ可能です。
・修繕にかかる時間は、割れ、欠けの状態によってそれぞれ違います。
お直しされたい器を数点持ってきていただく場合は、こちらで状態を拝見して、時間内に修繕可能か判断させていただき、
できる限り直してお帰りいただきたいと思っております。
(お手間でなければ、お申し込みフォームの備考欄にお持ちいただく器の数と種類、割れか欠けなどご記入ください)

内容 お気に入りの器が割れたり、欠けたりして悲しい思いをされたママ達が、きっとたくさんいらっしゃると思います。
なんとかまだ使えないかと、接着剤で直してみた経験がある方も多いはず。
高価でなくても、思い出がつまった愛着のある器を金継ぎできたら、より長く愛情込めて使っていける。
今回はそんな割れたり、欠けたりした器を見た目にも美しい金継ぎで蘇らせる体験ワークショップです。
金継ぎした器を使うことで、子どもたちにも道具を修繕しながら長く使っていく大切さを自然に伝えられたらいいですよね。
講師は、阿佐ヶ谷にあるギャラリー白線のマネージャー歸山浩子さんにお願いします。
美術大学ご出身の歸山さんは、イベントなどでたくさんのワークショップの経験があり、
今回はこれまで趣味で学んでいた「金継ぎ」をママへ伝授いただきます。
割れたり、欠けたりした思い出の器をお持ちの方、ご参加お待ちしています。
ランチは「nontable HOME」さんにご用意いただきますので、お楽しみに!
みんなで金継ぎ体験しましょう♫

〈金継ぎとは?〉
割れたり欠けたりした陶磁器を漆で接着し、繕った部分に金や銀、白金などの粉を装飾していく修理方法のことです。
今回のワークショップでは、かぶれにくく、扱いやすい「新うるし」を使用します。
色々な素材に塗る事ができる新感覚の植物性のうるし系塗料となります。
仕上がりは通常のうるしを使ったものとほとんど変わりませんので、ご安心ください。

その他
今回は繊細な作業となる為、お子さまのご同伴はご遠慮ください。
恐れ入りますが、当日にキャンセルいただく場合は、参加費用の一部(2000円)をお支払いいただきますことをご了承ください。
・応募フォームよりご応募いただいた方へ改めてご案内メールをお送りします。
ご応募いただいた時点でご予約完了ではございませんので、ご注意ください。
ご案内メールはご予約の成立・不成立に拘らず、ご応募いただいたすべての方にお送りします。
ご登録されたメールが携帯メールの場合、こちらかのメールが届かない場合がございます。
ご応募から3日以内にご案内メールが届かない場合は、info@neem-tree.netまでご連絡いただきたくお願いいたします。

◎プロフィール

Exif_JPEG_PICTURE歸山浩子(かえりやまひろこ)
阿佐ヶ谷にあるギャラリー白線のマネージャーで4歳の女の子のママ。昨年より、こどものいる日常の もの や こと にほんの少しの遊びごころと創造性をプラスする活動「hirondelle〜イロンデル〜」をスタート。イベント等でキッズやママ向けワークショップを開催している。
【ブログ】http://blog.kaeriyama.ninas-web.jp/

 

 

 

nontableのコピーnontable HOME
メンバーは、nonさん、yukaさん、kachaさんの3人のお母さん。
2012年の12月にnonさんが始めたconnect(繋がる)release(手放す)share(共有)をテーマに沢山の人と繋がっていく活動を軸に「安全で安心」な食材を使ったカフェをこの6月より西荻窪にて毎週日曜限定でオープン。
【HP】http://nontablehome.tumblr.com