myママライフ02 PoPoyans,nontable,nontable HOME主宰 nonちゃん

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /

「わたしたち3人にできるのだから、
みんなできるよ」って言いたい!

DSC_0003—昨年末でcafe営業は一度休止して、今後はさらなる展開をしていくとか。
もともとcafe営業を始めたときも、プロの料理とかおいしい料理が出るとか、そういうことは前提ではなくて。この場を通して在来種野菜とかノンベクレルとか、そういうごはんを食べられるよってだけじゃなくて。HOMEをきっかけにして、そういった問題に興味を持ってもらったり、情報をシェアしてもらったり。そんなお店にしたいって思って始めたんです。その思いはこれからも同じで、私たち自身がもっと繋がって、ちっちゃな場所からおっきな力にしていきたいですね。今後も、食の問題を学んだり、素材を知ることや料理することはすごく楽しいよ!っていうことを発信していきたい。それと、私たちにできているんだから、絶対にできるよーって言いたいですね。3人とも専門的に料理を学んだわけでもないし、ただ料理が好きで、台所に立つのが好きで、その3人が考えて知っていったらこういうふうにできるようになっただけで、絶対にみんなにもできるはずだよって思います。もちろん「おいしい」って思ってほしいけど、それよりも「私もできそう!」って思ってほしい。

—これからの世の中。心配なことはいろいろとあるけれど、一番懸念していることは?
原発事故直後にいろいろと学んでいく中で、世の中のさまざまな仕組みを知りました。原発の背景には原爆という核兵器があるし、遺伝子組み換え作物の背景には毒ガスという化学兵器がある(除草剤は毒ガスをもとに作られており、除草剤に耐える食物として遺伝子組み換えが作られた)。いずれも第二次世界大戦の、人を殺戮するための兵器に繋がっているんです。人間が生み出した巨大で凶悪な力は莫大な利益を生むけれど、とんでもない暴力に繋がっている。たくさんのお金を生んだ社会で恩恵を受けて生きてきたその裏で、本当にたくさんの命を殺してきたんだなあ、私も…って思ったら、それが耐えられなかったです。だから本当に、まず自分自身が変わらなきゃ、そして社会も変えていかなきゃって思い続けて私の今があるんですけど、やっぱり、この国は見た目平穏で…。明日死ぬかもしれないという恐怖を感じずにみんな生きているけれど、実はもうすぐ近くにそれはあって、それに全く気づかずに、最終的に本当に命を懸けさせられる状況に追い込まれているんじゃないかなってことがすごく怖い。暴力が関わるすべてのものと離れたいってすごく思うんだけど、みんな見えない暴力を振るっている方向にどんどん向かっている気がして。

—今の話を聞いて、憲法改正とか秘密保護法案とかTPPのことが頭に浮かびました。いずれも本当に見えない暴力で、私たちは気づかないうちにそちらの方向に向かっているという恐怖。
2013年7月の参院選後に本当に思ったのは、私は放射能とか原発とか、憲法を変えるっていうことが一番怖かったんだけど、多くの人にとってそれは争点ではなかったんだってことです。でもやっぱり、それはうちの夫婦ふたりともフリーで、雇われの身じゃなくて、いつでも一か八かみたいな状況で暮らしているから、どうなっても生きていけるって思っているからなのかなあって。やっぱり、会社勤めの方とか、社会の中でまじめに生きている人たちにとっては、目の前の暮らしとか経済とか、そういうものを立て直せないことがものすごい恐怖なんだなあって思いました。彼らにとってそういう恐怖は、私が抱える恐怖と同じように切実なんです。

—自分たちの目先の暮らしを守ることはもちろん大切なことだけど、広く社会全体で見たときに、世の中はとんでもない方向に行ってしまったってことになりかねない今の状況ですね。日本もTPPの交渉を開始したけれど、日々の暮らしや家計のことでいっぱいいっぱいな多くの家庭にとっては、それもなかなか「自分ごと」になりにくい。TPPと遺伝子組み換え食品の繋がりは、多くのお母さんたちに知ってもらいたいことなのに。
本当、遺伝子組み換え食品も原発と同様、お金を武器にしていることに多くの人が気づいたらいいなあって思います。遺伝子組み換え食品は安いから、お金に困っている人たちが、そこを選択するように仕組まれているんですよね。見た目にはすごく明るくパッケージングして、そんな商品の裏に暴力的なものが潜んでいるなんてことはまったくわからないようにして売られているから、多くの人が手に取ってしまう。消費者たちはそこから抜け出せない状況にどんどん追い込まれていっているっていうことに対して怒りを感じるし、卑怯だって思う。

—ひとりの母として、命を産み、命を育む存在であるお母さんたちにどんなことを伝えていきたいですか。
「マックとかコンビニごはんはいいわけないじゃんとか、遺伝子組み換えはいいわけないじゃん、レンジでチンのお弁当、いいわけないじゃんとか。わかってはいるけれど、そんなこと言ってられないんだよねー」とか、在来種の野菜は本当においしくて調味料がいらないから、結果的にはそんなに高くないんだよって言っても、「それを料理する時間がこっちはないんだよ」って言われてしまう壁を、どうしたら取り払えるかなっていうことを考えていきたいなあ。我が家は経済的に余裕があるわけではなくて…というか、ないし(笑)。HOMEの3人ともそうです。私たち3人、月々の保険料さえも引き落とされるのが厳しいような生活レベルの中でも、できるよ、やってるし!って。何よりも、そうやって食のことを考えたり作ったりしていくことは、本当に楽しいよ!って。ちょっとずつでもいいから、変わりたいっ思ったら、できるよって。だから一緒にやって行こうよ!って。…そういうことを伝えていきたいです。

インタビュー収録日:2013年6月26日

nonちゃん

大学卒業時より音楽ユニットPoPoyansとして音楽活動を続ける。出産を機に食や環境に対してより興味を持つようになり、2012年12月にnontableの活動をスタート。2013年6月からは、kacha・yukaとともに「nontable HOME」として毎週日曜日に西荻窪でcafé営業を開始。2010年生まれの女の子のお母さん。
【nontable HP】http://nontablehome.tumblr.com/
【nontable HOME HP】http://nontable.tumblr.com/post/38148744181/nontable
【MilKブログ】http://milkjapon.com/blog/nonchan/

nonちゃん紹介